1. 園主(農家)が初心者から経験者までを対象に、野菜づくりの指導をします
  2. 作る野菜は園主が全て決めます
  3. 収穫した野菜はすべて利用者のものになります
  4. 種や苗、肥料や大きな農具などは園主が用意します
  5. 毎年、利用者と農園の利用について、契約を交わします

※利用者に農地の利用権・使用貸借権など法律上の権利は発生しません

1月~2月
入園の申込み(抽選の場合があります)、入園者説明会
3月~7月
【講習会】春・夏野菜の種まき、定植(苗を植える)など
5月頃
入園者の交流イベントの実施
6月~7月
春・夏野菜の収穫
8月~12月
【講習会】秋・冬野菜の種まき、定植(苗を植える)など
10月頃
入園者の収穫イベントの実施
11月~12月
秋・冬野菜の収穫
1月末
畑の片付け

ダイコン、カブ、コマツナ、ホウレンソウ、タマネギ、ブロッコリー、キャベツ、ニンジン
トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、シシトウ、ズッキーニ、オクラ、トウモロコシ、エダマメ、インゲンマメ
サツマイモ、カボチャ、サトイモ、コマツナ、落花生
ホウレンソウ、ブロッコリー、カブ、サニーレタス、ニンジン、シュンギク、チンゲンサイ、ハクサイ、長ネギ、カリフラワー

農業体験農園は、下記のように設計しているところが多いです。

利用方法 1組1区画の利用となる区画制がほとんど。共同作業方式も可能
区画の大きさ 概ね15~30㎡
区画数 はじめは無理のない区画数(10~30区画)がおすすめ
利用料 農園の技術指導料、体験料などの農園利用料および農産物の代金概ね4~6万円
利用期間 基本的に3月~翌年1月末まで
整備施設 日よけ・雨よけのできる講習会用の施設(ビニールハウスも可) 入園者が利用するお手洗い施設 道具や野菜を洗う水道 入園者が使用する農具、肥料などを保管する施設 ほか

まずは、全国農業体験農園協会にお問い合わせください! お気軽に電話で相談いただけます。また、非会員の方へ、現地指導や説明会の開催、農園視察の受け入れも行っています。詳しくは申し込みフォームよりお手続きください。

copyright 全国農業体験農園協会 All rights reserved.