農業体験でストレス軽減効果を実証

7月10日、JA全中と順天堂大学は合同記者会見を行い、農業体験農園での農作業がストレスを軽減し、幸福感を増進させる効果があるとする研究結果を発表しました。

本協会加藤理事長が出席し、農業体験農園の紹介と農業体験農園を通した地域とのつながりについて述べられました。

この調査は、201811月、本協会会員(東京都練馬区)農園で行われ、利用者の農作業の前と後のホルモン変化について計測したところ、作業後にはストレスホルモンが減少し、幸福度を表すホルモンが増加傾向にあることがわかりました。

また、気分状態を評価するアンケートでは、怒り・混乱・抑うつ・疲労・緊張などのネガティブ因子が低下することが確認でき、農業体験農園での農作業にはストレス軽減効果があることが科学的に認められました。

健康志向が高まっている昨今、自分の手で育てた野菜を食べる農業体験農園の広がりが期待されます。

2020.7.13
«
copyright 全国農業体験農園協会 All rights reserved.